どうぶつの森っぽい暮らし 忍者ブログ
コンテンツ
◆はじめまして
ここのことについて。ご挨拶書き込みもこちらへどうぞ。
◆素材
森関連の素材を配布中
◆森っぽいものみ~つけた?
情報提供はこちらへ!
◆リンク
リンクについてと相互リンク募集

サイト内検索
最新コメント
[09/21 熟女]
[09/20 童貞]
[09/19 初体験]
[09/19 セクフレ]
[09/19 痴女]
『どうぶつの森』とは
NDS おいでよ どうぶつの森
任天堂より発売中の生活&コミュニケーションゲーム。
村に住むどうぶつたちとの生活だけではなく、ゲームを通じて家族や友達とのコミュニケーションを楽しむことができます。
DSで発売された最新作『おいでよどうぶつの森』ではWi-Fiを使って遠くの友達とやり取りができるようになり、主人公たちのおしゃれや村づくりもボリュームアップしました。
[ 楽天で最安を探す]
PR
攻略本 NINTENDO DS おいでよどうぶつの森 (毎日コミュニケーションズ)

森的オススメ~♪
ガーベラクリップ 濃オレンジ(1コ)
頭につけて森キブン
どうぶつの森っぽいものを集めていく、紹介するばしょです◆善意のリンクはフリー◆コメントも歓迎です。題名が思いつかない場合、記事と同様のタイトルを入れてくださると嬉しいです(最新コメント一覧に表示されますので)
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [21] [20] [19] [18] [17]
2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/09/18 (Mon)
秋葉原の東京アニメーションセンターで、アフレコ体験に参加しました。
おぉ、ここ、DSステーション置いてある!やったすれちがい通信だ~!…と違うところに目がいきながら…(笑)

アフレコ映像は『ポケットモンスター』(のみ)です。
サトシ編、ロケット団編A、Bがあり、4人でサトシ編をやりました。

サトシ…クロさん
タケシ…ジンゴローさん
ハルカ…私
マサト…まさと。さん

言い出しクロさんはもちろんサトシ役で!まさと。さんは名前から(笑)決定、女性がいないので私がハルカ、残ったタケシにはジンゴローさんが立候補してくれました。

「なんか、おもしろそう」とゆる~い気持ちで参加しましたごめんなさい。
思ったより本格的、1組30分掛かります。
ギョーカイっぽい男性が、台本の見方や気をつける点などをじっくり説明をしてくれました。ちなみにマイクは1本40万だってさ…。距離は拳1個分で。

しーんとした室内。なるほど、完全防音。

「今回はSEやBGMは入っています。そうじゃないとまずできないでしょうね」
「立つのは別に、いい声を出そうとかじゃないんです。喉の構造上、立たないと声は出ません、それだけです」
「バトルチューブをバトルキューブと言う人が非常に多いです」←ウケた!
「単語ひとつひとつをしっかり言う感じで」

1回目…声も流れている映像に合わせて練習(マイクOFF)
2回目…声ナシの映像に合わせて練習
3回目…声も流れている映像に合わせて最終確認・マイクON
4回目…本番1回限り

声ありの方が、あわせやすいのでやりやすいと言う話でしたが、自分の声が聞こえなくてかえってやりにくかったんですけど^^;
難しいのはマサト。「セキチクシティの先にあるよ」など、かみそうなセリフが多いため。しかも20代男性が8歳役をやらねばならんという(笑)。

1回目、2回目はマイクOFFなので説明員のところには我々の声が聞こえず。
3回目で、我々の声を聞いた説明員から、本番に向けてより良くするため最後のアドバイス。
まずハルカはOKいただきました。
「楽しそうな感じでいいと思います」
…いやウラ声出すのに精一杯でそれ以上の余裕はないんですが。もちろん、プロから見たら「ダメダメ」で、素人ならこんなもんで良いんじゃないのってトコでしょうか。いや十分です。ハルカ簡単な役でよかった…。

次にタケシ。
「タケシは女性に弱いですが今回はそういう場面は無くいいお兄さん役みたいな感じですから、今の感じで良いと思います」
これがね、ジンゴローさん…ハマりすぎ!「なかなかいいペースで集まってるなぁ」違和感ナシ。自然すぎてかえって笑えました。これが「おねえさ~~ん」ってセリフがあったらタイヘンだったかもね(むしろ演技じゃなきゃやれないことをやりたかったかな?)。

それからサトシ。
「もっと楽しそうに…」
…え、いきなり手厳しいんだけど。楽しそうにやってたと思ったけどなー。
「サトシは我が強いというか……○○○というセリフは自慢だから、……」という感じで、指示も細かい。さすが主役だ。
でも、クロさんの場合はゆる~りと参加した私とは違うから、こうやって細かく指導してもらえたのは良かったかもね!
しかし……この段階で言うなよ!と思いました。

そしてマサト。
「子供なので、何でも楽しそうにしゃべります」
もっと早く言ってくれって感じですが、セキチクシティとかバトルチューブとか、長いセリフに難しい単語がいくつか含まれ、トチらずにしゃべるだけで精一杯なんですよね。ここで、より良くするためのポイントを教わりました。

参加費は1800円、2人目以降はDVDが必要なければ1000円。
それなりに高いですが、これだけじっくりやってくれて納得。
しかしこのアフレコスペース、外から見えるようになってるんですよ!
で、順番待ちの人が見て待ってるんですよ!!ギャーーーー#
やりにくいよねぇ・・・
と思ってたんですが、説明員の「それどころじゃなくなると思います」の言葉通りでした。…ギャフン。

周りを気にするどころか、台本を見てると口パクに合わせる余裕全然ナシ。でも、最初にお手本にあわせたので、案外ハズさずにできてたようですね。
でも私、最初の一言で力尽きた。
「どのポケモンが生まれるのかな~、とっても楽しみかも!」
キャピボイス小学生(いや中学生だっけ?)。難しい。老け声でスマンです。
まあ、ウラ声の方が地声に近いキャラよりやりやすいかなとは思うんですが。

しかしDVDは、フルスクリーンではなく自分らがメインの映像。
別に自分たち映らなくていいんですが。。。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]